So-net無料ブログ作成
検索選択

身延山久遠寺の花見 [お出かけ]

花見の季節がついにやってきました。

今年はそこそこ遠くへ行ってみようと、数日前より情報集め。
そこで、山梨県の身延町にある久遠寺というお寺のしだれ桜が有名で、ちょうど満開だという事なので行ってみた。
以前から山梨県のパンフとかに久遠寺が載ってて名前だけ知ってて気にはなってたんだよね。

んで、第二東名経由で新清水ICから身延町へ車を走らせた。

身延町に入ると、観桜期は寺の近くへの一般車入場は出来ないようで、駐車場の案内看板を持った警備員のおっちゃんが交差点に立ってたので案内通りに移動。
そして河原の臨時駐車場へ案内される。既に結構な人出らしく車が結構停まっていた。

車を降りて、人の流れる方に歩いていくと町役場へと着いた。
町役場の外に臨時シャトルバス(一人往復400円)の切符売り場がありそこでチケット購入。
数分バスに揺られながら久遠寺付近のバスターミナルへ到着。

土産物屋の並ぶ商店街を抜けるとそこには身延山久遠寺の大きな三門と呼ばれる門が!結構な大きさである。その手前にあった桜は見事に満開!

封印解除!

三門をくぐり、杉の並木道を抜けると目の前に「菩提梯」と呼ばれる287段の階段が姿を現す・・・。
登れない人の為に女坂が用意はされていたが、当然(?)菩提梯を登る事に!
階段は全部で7つの区画に分けられていて、途中で休みつつ登りきった。

すると目の前には桜と五重塔がお出迎え!!(写真下手でごめんなさい)

謎の村雨城(大嘘)

結構広い、大きなお寺で圧倒されつつも本堂で参拝を済ませ本堂内等を散策(?)。
本堂を出て、いよいよメインのしだれ桜の方に向かった。
すると目の前に飛び込んできたのはお茶会!もとい!見事なしだれ桜!!!!

この桜の木の下にアマツドンジョンが!?

この日は抹茶が無料振舞われていたのですが、午前の分は到着した時、丁度終了してしまいました。うーん、残念。

しだれ桜を見てしばらくしたらなにやら雲行きがだんだんと怪しくなって来て、あれよあれよのうちに雨が降り出した。傘を車に置いてきてたので急いで下山、途中の見事に咲き乱れる桜を横目に三門までダッシュ。

少しすれば空が晴れてきそうだったので、しばらく三門で雨宿り。
雨が止んでから、バスの発着場まで向かいました。

その後は身延駅の近くにある「栄昇堂 (えいしょうどう)」という和菓子矢屋さんでまんじゅうを購入し、次の目的地である富士山本宮浅間神社まで移動する。移動の最中も道路脇の桜が満開でとても綺麗だった。桜の町だねぇ。

富士山本宮浅間神社に到着すると、雨上がりの後らしく、天気は曇り。参道の桜が散っているのが気になる・・・。
本堂脇に入って本堂右側にあるメインの桜の見たら、桜の花びらがほとんど無い…。あれ?一昨日まではライブカメラで綺麗に写ってたのに・・・。さっきの嵐でやられたのかな・・・。(たいした写真が無いので写真は割愛させていただきます…。)

本堂で参拝を済ませ湧玉池の方へ移動しようと思ったら雷が鳴り、雨が降り出した。今度は傘持ってたので事なきを得たけど。雷がスゴイ。

雨がどんどん酷くなってきたので車に戻ろうとしたら、雨の中に雹が混じって降ってきた…。大荒れです…。
本当は近くにある「ここずらよ」って店に行きたかったのだけど、車の中に避難し、身延で購入したまんじゅう食べてから帰りました。

そんなこんなで、大変印象に残った花見になりました。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 2

澤田幸村

山梨といえば武田ッス
武田といえば躑躅ヶ崎館に行くッス
ワイン飲みながら帰るッス
ッス
ッス
ッスーさん元気?
by 澤田幸村 (2014-04-19 13:32) 

エルタ

戦国ソーサリアン「武田信玄の章」のボス阿修羅思い出した!真田幸村の章もあったなぁ。。。

by エルタ (2014-04-26 15:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。