So-net無料ブログ作成

!!! CUPNOODLES MUSEUM [お出かけ]

横浜へ行く用事があり、用事を済ませたあと、時間が余ったのでふと「!!! CUPNOODLES MUSEUM」へ行くことに(笑)。

言わずと知れたカップヌードルの博物館(?)ともいうべきミュージアムです。

この中で、世界でただひとつだけの自分オリジナルのカップヌードルを作ることができます。

注)人数制限があるので、早めに整理券を貰わないと入れなくなります。

自分達は14時頃着いて、16:30~の整理券配布が始まっててギリギリセーフでした。

ほかにも、チキンラーメンも作ることができますが、こちらは事前予約が必須のようです。


時間までは館内を観て回って、最初の部屋の歴代のカップヌードル、カップ麺が展示されているのですが、懐かしいものもあって、ちょとノスタルジックに(笑)。

次の部屋でカップヌードルの歴史の映画を観て安藤百福がカップヌードル開発して苦労したってのはわかった!(ぇー)

時間まで、館内とバルコニーで時間つぶし。

時間になり、整理券を係員に渡して入場。そしてまず300円で自分の分のカップを購入、手を消毒。

その後カップに油性マジックで好きな絵を描く、絵心が無い自分に落胆orz。

次に麺をカップに入れる工程を体験。

係員の指示に従って、麺の載ってるコンベアを自分でハンドルを回して麺をカップに入れます。

そして、味を醤油、シーフード、チリトマト、カレーの中から選択。

その後、何種類かある具から4つ選択。

しかし、具の中に謎肉は無く、コロチャーしかありませんでした(泣)。

自分はチリトマトにコロチャー、インゲン、ひよこちゃんカマボコ、チェダーチーズを選択。どんな味になるやら…。

消費期限は1ヶ月だそうです。1ヶ月後が楽しみだ…。

その後は蓋してシュリンクをして、受け取り。事前に渡された特殊なビニールに詰めてビニールをエアーで膨らませてパッケージング。パッケージに紐を通してお持ち帰りセット完成!!

というわけで、童心に返って楽しんできました。

どうでも良いが、入り口のエントランスホールは何故にあんなにだだっ広く天井が高いのかw

帰りは梅蘭で梅蘭やきそば食べてから帰って来ましたとさ…。

!!! CUPNOODLES MUSEUM
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

ブッチ

何故炭酸マグネシウム入れなかったんだYO
by ブッチ (2012-02-25 22:25) 

エルタ

ビックバンアタック!
by エルタ (2012-02-27 22:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。