So-net無料ブログ作成

ジーザス・クライスト=スーパースターと東京タワー [演劇]

劇団四季のジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムバージョンを浜松町の自由劇場に観に行って来ました。

四季劇場春・秋の隣に自由劇場はあります。ちなみに春ではライオンキング、秋では夢から醒めた夢が上演中でした。

菜花自由(違)

お話は、苦しいんだけれども、見ごたえがある。劇団四季ならではの歌がやはり素晴らしかったですね。

ヘロデ王役の下村尊則さんが出てきた場面は盛り上がってた気がします。

劇場を後にその足で、浜松町駅を通りすぎて芝公園に行くはずが、何故か東京タワーに…。

目の前にそびえ立つ、イクストルタワー(c)ZOOM

東京タワー、近くで見るとやっぱデカイ! ん?よく見ると、やっぱ大地震のときの影響でてっぺんが曲がってる???工事したとどこかで見た気がしたけど、完全には直らなかったのかな?

とりあえず、タワー下のフードコートで一休み。

その後、散策してたら、屋外で猿回しやってたので、しばし見学。凄いなぁ。最初から見たかった。

猿回しを見た後は、展望台室へ登るか迷ったけど、せっかくなので行くことに。

受付の料金表を見ると、150メートルの大展望室までなら、820円。250メートルの特別展望台まで行く場合は更に600円…。と書いてあったが、両方のにしてみた。

まずは直通エレベーターで150メートルの大展望台室へ。エレベーター昇ってるときは、体がふわふわしてる感じで落ち着かない(笑)。

大展望台室に着いてしばし、景色を堪能。スカイツリーも見えた。結局そのまま日没まで待って、夜景も一緒に堪能。

節電の為かレインボーブリッジが点灯してなかったのが、残念だったけど、東京タワーからの夜景は素晴らしい。360℃大パノラマです。千葉方面、六本木方面、新宿副都心方面、スカイツリー方面それぞれ見ごたえあります。

不気味にそびえ立つ、ハーベルの塔(c)T&E SOFT

夜でもスカイツリーがかすかに見えました。まだライトアップとかしてないので見づらいですが。

そして、いよいよ250メートルの特別展望室へ。

エスカレーターを昇り、階段を登ったらチケット確認。ここが特別展望室???しかも鎖が張ってあって立ち入り禁止の場所があり360度見れない!更に600円払ってこれだけ!?、と思ってたらそこは単なるエレベーター待ちの場所でした(汗)。

しばらくすると、エレベーターが到着し、今度こそ250メートルの特別展望室へ(笑)。

地上250メートルからの眺めは、下見ると結構迫力があります。地震のときとか、どうだったんだろう…。と一瞬考えたけど…。考えただけで恐ろしい…。

この日はちょっと天気が悪かったので、遠くのほうまで見渡せなかったのが少し残念。それでも夜景はとても綺麗でしたね。

特別展望室を堪能した後150メートルの大展望室へ降りたら、大展望台室は1層と2層に別れていたことを知る。

最初に降り立ったのは2階で、1階へは階段で降りねば行けないようになってるのね…。

んで、そこにライブステージのあるCLUB333がありました。

3/17に行われるはずだった宮崎隆睦さん出演のライブってここのことだったのね。夜景を見ながらライブなんて贅沢ですねぇ…。
(6/17にも宮崎さんが東京タワーに来るみたいです。宮崎さんと言えば…5/9の横浜関内のkamomeでのライブ行きたかったなぁ…。坂東君との絡み見たかった…。行ける方は5/9のKamomeにGO!です!)

そんなこんなで、劇団四季と東京タワー、を堪能し、久しぶりに大都会を満喫してきました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。